week 3 in Texas-入居、車ゲット-海外赴任編

こんいちは、3週目突入です。アパート入居、インターネット契約、車の契約。ひとまず最低限の立ち上げが完了したかなというところまできました。家の中に家具はほとんどありませんけれどね。

スポンサーリンク

Day 15 – 16 Sun. – Mon.

店舗にてインターネット契約

AT&Tでインターネットを契約しようと思ったのですが、Web申請はSSNかDriverLicenseがないとできないというのはWeek2の記事でも書いた通りです。なので早速店舗へ行って来ました。

雰囲気としては日本の携帯ショップと同じような感じです。店舗へ入ると受付担当の方が寄って来て、要件等を聞いてくれます。そこで、インターネットを契約したいですというと、端末に情報を入力するためいくつか質問されました。名前と電話番号とか。一連の入力が完了すると、席に座ってお待ちくださいと言われるので待機です。

しばらく座っていると別の担当の方が寄って来ます。そして、改めてインターネットの契約をしたい旨伝えたところ、早速手続きしてくれました。受付の時と同様に、手続きに必要な情報を端末へぽちぽち入れていきます。最後に、デポジットを支払って終了です。手続きが始まってからは15分かからないくらいでしょうか。

そして2日後には工事に来てくれるようです。早いですね。というか、インターネットの工事は世界共通なのだろうか。

ちなみに、Webからサービス一覧を見て、契約内容を決めておくとスムーズに行くと思います。僕は、スマフォで画面見せながらこのプランを契約したいと伝えました。百聞は一見にしかずも世界共通です。

アパートへ入居

16日目、ついにアパートへ入居です。デポジットは支払っていたのですが、今月分の家賃も支払えといきなり言われました。まあ、どうせ払うものなので支払って無事に契約OKとなったわけです。

しかし、運悪くこの日のうちに鍵をもらうことはできませんでした。というのも、このアパーートの鍵は非接触で鍵の開閉をするものらしく、ネットワーク経由でアクティベートされる仕組みらしいのです。そして、今日はダラス地区全域でAT&Tのネットワーク障害という事態が発生していたため、鍵をアクティベートできない模様。

そんなわけで、この日は1日中引きこもってました。(内鍵は物理的にカチャカチャできます。)

なお、Amazonで注文していたマットレスは配送が遅れて、しばらくカーペットで寝ました。ベッドルームの床がフローリングじゃなくてよかったです。

Day 17 – 21 Tue. – Sat.

インターネット工事

インターネットを契約した翌々日に工事の方が帰宅れました。10時ー11時で来る予定だったのですが、当日の朝8時に電話がきました。そして、あと20分か30分でつくんだけどいい?みたいな。はや!まあ問題なかったので、いいよと返答。

その後8時半頃に来てくれて、工事開始です。20分くらいでしょうか、何もないのでこちらぼーっスマフォを見ながらと待っていました。

ルータの設定もしてもらって、無事完了です。

インターネットに繋がる環境。最高ですね。

家の鍵ゲット

引っ越しから翌日の朝を迎え、やっと電話で鍵の準備ができたと連絡をもらえました。早速リーシングオフィスへ向かい鍵をゲット。やっと買い物にも行けます。

車の契約

そろそろタイムリミットと思っていた車の契約、日曜日にレンタカーを返すので、火曜日中には決めて保険の手配をと考えていました。そこで、日本語対応可能なJapan Auto Sevicesさんの在庫ページをみてみると、なんとそこにはMAZDA6が当初希望してたMAZDA3ではないのですが、時間も時間なので、MAZDA6を契約できないか早速メールしました。

そして回答はOK!ありがとうございます!その後保険の手配や納車に必要な書類など諸々手続きをしました。なんと火曜日に依頼して土曜日にはゲットできました。素晴らしい対応でした、本当にありがとうございました。

英語での契約に不安がある方は是非、相談だけでもご利用して見てください。

ただその後、アパートのガレージにてものすごい勢いで突っ込んで来たトラックにビビってハンドル切り過ぎたら側面後方を早速擦りました。。。。。。。泣きそう。レンタカーで乗っていたのがMAZDAのCX-3だったので、ちょっと車体が長くなってることに順応する前に事件は起こりました。今後は気をつけます。

そうそう、アメリカ来たばかりでクレジットヒストリーも何もないのですが、日系企業力ということで、ありがたいことに結局リースにしてもらえました。ということは車の持ち主はディーラーさんなので、即こすった事実の報告をしました。後ほどケアの方法も伺おうと思います。本当に申し訳ありませんでした。

初ガソリン注入

レンタカーを返却するまえにガソリン満タンにするべく、初のガソリンスタンドへ。そしたらなんとRegularとかの表記がない!あるのは、87,89,93という数字のみ。わけがわからないので、店内に行って聞いて来ました。どれがRegular Gasなのか。答えは87番でした。なんかガソリン中の要素の割合みたいですね。よく知りませんが。

何はともあれ、87番を入れれば良いことは理解できたので、早速注入することに。

日本と違うのは事前に支払い方法の確認するくらいでしょうか。まず、日本のクレジットカードを試して見たのですが、やっぱり使えなさそうでした。なので、現地の銀行で発行してもらったデビットカードを試してみるとOK。よかった。なお、端末で使えるカードがない場合は店内で事前に支払いるようです。

あとは日本と同様、ノズルを突っ込んで投入するだけです。

最後に清算のためレシートが必須だったので、Receiptと見えた画面でYESを反射的におしたのですが、よくみたると欲しい場合にはNoを押してねと文章の後半に記載が。。はい、自腹です。

みなさん気をつけましょう。

レンタカーの返却

納車が土曜日の午後か、日曜日の午前中とのことだったので、レンタカーは土曜日の日中に返却してきました。

これは日本と大体一緒ですね。鍵などを返却すると、車の状態を確認されます。問題なければレシートをもらって終了です。

帰りはUberを利用しました。アプリで依頼してから5分くらいでお迎えが来ました。すばらしいですね。支払いもアプリ経由なので、乗って降りるだけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク