アメリカ大使館でのビザ面接(L1B) 当日の流れまとめ

先日アメリカ大使館へビザの面接をしにいきました。当日の流れと面接のための準備をまとめます。

スポンサーリンク

荷物

持っていくものは大使館のホームページに記載してあるためそちらを確認してください。

僕は代理で会社にて諸々の書類を事前提出してもらっていたため、当日に大使館へ持ち込んだものは、予約確認書、暇つぶし用の本、財布、スマフォだけです。ただ、その後出社するために通勤カバンにいつも通りの諸々も一緒にもって家を出ました。

ここで気になるルールが1点。大使館に持ち込める荷物サイズは25x25cm以下のカバンということ。そして僕のカバンは25cmよりデカイ。そのため、通勤用カバンは駅のロッカーに預けて行きました。

カバンのサイズにルールがあるとはいえ、予約確認書がA4なのでこれが入るトートバッグを持って行きました。結局25x25cmよりデカイバッグを持って入り口へ向かったのですが、結果問題なく通ることができました。厳密にはチェックを行っていないようですね。

でも周りの皆さんは25x25cmくらいのカバンだったり、クリアファイルに書類入れてそれを持っていたりという様子でした。僕はたまたまOKでしたが、絶対大丈夫という保証はありませんので大きいカバンを持っていく方はご注意ください。

余談ですが、駅から大使館へいく13番出口に向かう途中にコインロッカーが2箇所あります。どちらも20−30個程度だったと思います。僕が駅に到着した8:30では半分は埋まっていない感じでした。帰り際の9:10頃も同様でしたので、ロッカーがうまる心配はないかもしれません。ただし僕が行ったのは9月初旬です。

大使館での手続き

基本的にはこちらの公式動画の通りです。

僕はL1Bでしたのでその場合の例をまとめます。

まず、入り口で整理券をもらったあと、書類提出窓口へ向かいます。そこで書類一式を提示します。ここで一旦待ちになります。その後、案内板に自分の番号が出たら再び窓口へ行きます。そこでL1Bでは詐欺防止費用の支払いが必要であることを説明され書類を渡されますので、渡された書類を持って会計窓口へ向かい、詐欺防止費用を支払ってレシートをもらいます。そして、レシートをまた最初の窓口へ持って行きます。そしたらまた番号が呼ばれるまで待機です。

次に番号が呼ばれたら指紋の採取を行い、その後面接となります。この面接が終わったら帰れます。

なおこの間20分未満。

ちなみに僕が聞かれたの質問は以下の3つでした。英語で聞かれましたけどバッチリ聞き取れたわけじゃないので日本語で記載します。

  • 職業はなに?
  • 今の会社で何年働いているの?
  • カリフォルニアいくの?

職業を問われITエンジニアだと答えたから、「カルフォルニアへいくのか?」って聞かれたのでしょうか。。。書類にはちゃんとテキサスと書かれていると思うのですが、あまり読んでないんですかね。なお、テキサスだと答えたら「オゥ。。」というような反応がかえってきました。

なぜ????

まあいいんですけどね!

その後面接官の方が書類に色々記入して、おきまりのセリフをいただきました。

「your visa is approved」

さて、所要時間ですが8:45にゲート前に到着し9:15には面接が終わりました。ネットで調べた感じではめちゃくちゃ時間がかかるって聞いていたので読書ようの本を持って行ったのですが3ページくらいしか読めてないです。というか、そもそもスマフォに至ってはBluetoothを切手とか言われませんでした。室内にはfreewifiあったような。。。僕は使いませんでしたが、みんなスマフォいじってました。意外と最新情報ってないもんですね。

こんなにスピーティに終われた要因としては、ビザ種別L1Bということや必要書類を事前提出していたことあたりが要因かなと思います。あとは、時期でしょうか。留学生とか9月前でしょうし、社会人なら4月くらいが多そうですしね。

まとめ

カバンは25x25cmを厳密にみてこない

時期やビザ種別、事前提出なので所要時間は大きく変わりそう。9月は多分空いてる

スマフォはいじれるから暇つぶし用の本はいらない

指紋を取ってくれた方ニッコニコ

面接してくれた方めっちゃこわい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク