アメリカでの携帯電話について 海外赴任準備

こんにちは、海外赴任に向けて携帯電話はどうしたものかと悩みました。ネットワークに繋がっていないと絶対にイヤマンなので、アメリカに着いたらすぐに使える状態にしたいと思っていました。プリペードsimを購入してそれが切れる前に現地でsim契約かなーとおもっていたのですが、なんか楽チンなサービスがありましたので紹介します。

スポンサーリンク

SIM契約について

KDDI Mobile x H2O Wireless

結論からいうとKDDI Mobile x H2O Wirelessというサービスをみつけたので、これを契約しました。

完全プリペイド製で、30$からプランがありました。そのうえ、僕が契約した時期はボーナスで3ヶ月間は通信量+2GBみたいです!

30日ごとに初回に設定した決済情報から自動的に引き落とされます。利用停止時には自動引き落とし設定を止めるだけのようです。

ちなみに、日本にいるうちに電話番号の払い出しもされますので即電話も可能です。現地に着いたらsimカードをさして端末起動、自動設定で現地の回線を使える模様。

まれに、自動設定されないこともあるようですが、手順書は日本語でもらえるのでオールOKです。なお、僕は自動設定されなかったので、自分でぽちぽちやりました。

渡米後に慣れない土地で達者ではない英語でなんやかんややることを考えたらかなり楽チンでした。

気になることといえば、データ通信の制限がきたら低速にならず完全ストップになるところでしょうか。そこだけは気をつけましょう。

国内通話

アメリカ国内なら通話もテキストも無料です。

国際通話1

日本含む50カ国以上の国への固定電話は無料のようです。

国際通話2

国際通話1に含まれないところへは月$30のプランですと、$10相当が無料で使えるようです。

SIM入手方法

SIMカードだけ

H2O by KDDIのSIMカード入手方法ですが、僕はAmazonで見つけたのでそこでSIMカード単体だけ購入し、その後にアクティベートしました。というのも、利用していた端末がsimフリーの端末でしたので、simカードを差し替えて使っています。

H2O by KDDIのホームページからも取得できるようです。

ただ、SIMロック解除済み端末が必要ですね。一定期間解除できない制限などがあるので、そう言った条件で使えない方は以下も参照ください。

SIMカード+SIMフリー端末

こちらも基本はKDDI Mobile x H2O Wirelessのようですがyellowmobileなるところが代理店として入っているみたいです。

こちらではSIMカード+SIMロックフリー端末をまとめて購入できるようなので、こちらの方が都合の良い方は是非ご確認ください。

僕はこちら使っていませんのでなんとも言えません。

また、この記事を書くにあたっていくつか調べたら端末とセット売りしてる代理店は結構あるみたいです。

まとめ

日本にいうるうちにアメリカで使用できるsimカードをアクティベートできる。だから、楽チン

完全プリペイド製で、30日ごとに更新。いつでもやめられる。

現地サービスとの料金比較ができたらそのうちしてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク