CordovaでAndroidアプリのリリース用apkファイルの作り方

Qiitaの記事を参考にapkファイル生成してみました。が一部エラーが出たので対処法まとめます。
参考記事はコチラ

ちなみに僕の環境はCordova8.0.0です。

スポンサーリンク

リリース用apkファイル作成

リリースファイルのビルド

cordova build android --release

参考記事ではプロジェクト/binディレクトリの下に生成されると記載がありましたが

以下のディレクトリにapkファイルが生成されます。

./firstApp/platforms/android/app/build/outputs/apk/release

鍵生成

keytool -genkey -v -keystore .keystore -alias something -keyalg RSA -validity 10000

上記コマンドで鍵の生成を行えますが、実行したところ警告が出力されました。

Warning:
The JKS keystore uses a proprietary format. It is recommended to migrate to PKCS12 which is an industry standard format using "keytool -importkeystore -srckeystore .keystore -destkeystore .keystore -deststoretype pkcs12".

警告だから何もしないで大丈夫かなぁなんて気持ちでGooglePlayにapkファイルをアップロードしたら怒られました。

ので警告通りに以下のコマンドを叩きます。

keytool -importkeystore -srckeystore .keystore -destkeystore .keystore -deststoretype pkcs12

署名

先ほど生成した鍵で署名します。

jarsigner -verbose -keystore .keystore app-release-unsigned.apk something

最適化

apkファイルの最適化を行います。
$ANDROID_HOME/build-tools/28.0.2/zipalign -v 4 app-release-unsigned.apk app-release-optimized-unsigned.apk

以上で、Google Playにアップロードできるようになったと思われます。

補足

なお、上記の場合だとAPILevel14−18あたりはRSAが対応してないだかでエラーが出ました。例えば19以降のみに対応としたい場合は以下のようにconfig.xmlに最小対応バージョンを記載してあげましょう。

<platform name="android">
<preference name="android-minSdkVersion" value="19" />
</platform>
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク