CompTIA Network+ 1.3 ルーティングとスイッチング

CompTIA Network+ 1.3 ルーティングとスイッチング 個人的まとめ 各キーワードはシラバスより引用

スポンサーリンク

ネットワークトラフィックのプロパティ

-ブロードキャストドメイン

ブロードキャストできるネットーワクの範囲。ルータからルータ。スイッチやブリッジはブロードキャストドメインを分割できない。

– CSMA/CD

Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection

回線上に他のキャリアがあるかどうかを確認し、なければ送信、あれば一定時間待機して繰り返す。Ethernetでは一つの回線上に一つのデータしか流せないため、同時に流さないようにする仕組み。

– CSMA/CA

Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance

CSMA/CDにのようなもので、送信時にランダム待ち時間を加える。無線通信の際に利用される。

-コリジョンドメイン

衝突が起こりうるネットワーク範囲。スイッチやブリッチ、ルーターより内側。

-プロトコルデータユニット

ひとかたまりのデータのこと。第3層ではパケット、第2層ではフレーム。

– MTU

1回で送信できる、最大サイズのPDU(Protocol Data Unit)のこと

-ブロードキャスト

同一ネットワーク内の全端末へデータを送信すること

-マルチキャスト

特定端末群へデータを送信すること

-ユニキャスト

1つの端末へデータを送信すること

セグメンテーションとインタフェースのプロパティ

– VLAN

物理的にスイッチを分けずに倫理的にネットワーク分割すること。

-トランキング (802.1q)

一つのポートでスイッチ間の複数ネットワークを構成できる

-タギングポートとアンタギングポート

一つのポート上に一つのVLAMしかなければアンタギング

一つのポート上に複数VLANがある場合はタギングポートとなり、タグ番号がVLAN識別情報としてパケットに含まれる。

-ポートミラーリング

指定した端末へもパケットのコピーを伝送する

パケット解析するときなどに利用

-スパニングツリープロトコル

ネットワーク内のループを回避してくれるプロトコル。RSPT(802.1w)という改良版もある

– PoEとPoE+ (802.3af、802.3at)

Power over Ethernetの略。ケーブルをつなぐとネットワークも電力も供給する仕組み

802.3atは2009年にできた改良版、より強力な電力供給が可能

– DMZ

インターネットと自分たちのネットワークの間に設置されるネットワークのこと。

– MACアドレステーブル

物理ポートとその先にある機器のMACアドレスの対応表

– ARPテーブル

MACアドレスとIPアドレスの対応表

ルーティング

-ルーティングプロトコル (IPv4とIPv6)

-ディスタンスベクタールー ティングプロトコル

自身が持つルーティング情報を隣接機器へ送り、距離ベース(通過するルータの数)で経路を割り出す仕組み

– RIP

Routing Information Protocol

ディスタンスベクタールー ティングプロトコルの一種

IPv4はRIPv2(version 2)

IPv6はRIPng(next generation)

– EIGRP

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol

-リンクステートルーテ ィングプロトコル

自身の持つ接続情報をルータ間で交換すし、経路を決めるプロトコル

– OSPF

Open Shortest Path First

リンクステートルーテ ィングプロトコルの一種

IPv4はOSPFv2

IPv6はOPSFv3

-ハイブリッド

ディスタンスベクタールー ティングプロトコルとリンクステートルーテ ィングプロトコルの組み合わせ

– BGP

Border Gateway Protocol

ネットワーク管理者に設定された、ネットワークポリシーなどで経路判断をするプロトコル

-ルーティングの種類

-スタティック

ルーティングテーブルを自分で管理すること

-ダイナミック

ルーティングテーブルを自分で管理しなくてよい

-デフォルト

ルーティングテーブル上にない宛先へ伝送するときの経路管理のしかた。隣接機器に探索を任せる

IPv6の概念

-アドレス指定

-トンネリング

既存のIPv4ネットワーク上でIPv6を伝送すること

-デュアルスタック

IPv4とIPv6を同時に利用すること

-ルーター広告

RA(Router Advertisement)

Router Solicitationを受けて返すものがRA。要請された機器へルータの情報を返すこと。

-近隣探索

NDP(Neighbor Discovery Protocol)

IPv4のARPの代わり。マルチキャスト。ICMPv6を使う。

パフォーマンスの概念

 -トラフィックシェーピング

アプリケーションの優先度に合わせてネットワークトラフィックを制御し、帯域幅を管理すること

– QoS

Quality of Service

ネットワークの品質

– Diffserv

Differentiated Service

QoS管理手法の一つ

OSI 第3層 IPv4 header

– CoS

Class of Service

QoS管理手法の一つ

OSI 第2層 802.1Q trunk中のEthernetフレームヘッダ

似たようなトラフィックをまとめて優先順位づけ

NAT/PAT

Network address translation

ローカルIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する

Port address translation

NATに加えポート番号も変換

ポート転送

外部からアクセスされるとき、IP address/ポート番号を読み替える(リダイレクトする

アクセスコントロールリスト

アクセスを許可/拒否する際のリスト

分散スイッチング

Distributed switching

パケット交換ネットワークと 回線交換ネットワーク

Packet Switching

Circuit Switching

 ソフトウェア定義ネットワーク

Software Define Network

ネットワーク性能や監視を改善するため、ネットワークをプログラムで効率的に管理、設定する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク