CompTIA Network+ 1.2 OSIレイヤー

OSI(Open System Interconnection)レイヤーについてメモ

スポンサーリンク

OSIとは

OSI(Open System Interconnection)のこと。国際標準化機構(ISO)が定めたネットワークモデル。以下は7層についてメモ

• レイヤー1-物理層

信号レベル、物理ケーブルの世界、プロトコルはない、ビットの世界

• レイヤー2-データリンク層

Data Link Control Protocol

MACアドレスを用いて通信

スイッチングレイヤー

フレーム

• レイヤー3-ネットワーク層

ルーティングレイヤー

Internet Protocol

パケット

• レイヤー4-トランスポート層

TCP、UDP

セグメント

• レイヤー5-セッション層

いくつかのControl ProtocolやTunneling Protocol

• レイヤー6-プレゼンテーション層

文字のエンコードや、アプリケーションの暗号化・復号

ときおり7層と同時に扱われる

• レイヤー7-アプリケーション層

目に見えてるレベルの層。ブラウザとか

参考元

CompTIA Network+ N10-007 Training Course

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク