情報処理安全確保支援士の経過措置がぼちぼち終わりそうですよ。

こんばんは、テリーです。情報処理安全確保支援士ってなんだ?って思いませんでした?僕は最初にこのネーミングを聞いたときに心の中で「えっまじ?」って思いました。かっこよくはないですよね。なんか。

でもとりあえず僕もそろそろ申請してみます。ということで自分の中での整理も含めてまとめます。

スポンサーリンク

なんでいまさら情報処理安全確保支援士に申請しようと思ったのか

そもそも情報処理安全確保支援士とは?詳しくはIPAのサイトをみてください。今日(2018/06/03)時点で重要なところだけ引用します。

サイバーセキュリティに係る専門人材の登録制国家資格として創設された「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度。最初の登録者が誕生してから1年が経過し、現在9,000名を超える情報処理安全確保支援士が誕生しています。法律上の経過措置により、「情報セキュリティスペシャリスト試験」又は「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験」を合格した方も登録セキスペになれますが、その申請の期日(2018年8月19日)まで、あと3ヵ月を切りました

そうなんです。2018年8月19日まで、過去に特定の試験に合格されている方も申請するだけで情報処理安全確保支援士になれます。僕も2013秋にセキュスペに合格しているので、とりあえず権利がある状況です。

ただ、多分僕の状況じゃ登録したところで何かが変わる訳でもなく、くわえて3年間で維持費が14万円かかるので見送っていました。じゃあなんでいまさら申請しようと思ったのか。知名度が上がった?有効活用できそう?

いいえ、会社が費用負担してくれそうだから。

申請に必要なもの

これもIPAのサイトへ行けばわかるんですけど、いちいちPDFでだるいのでここにまとめます。割と面倒です。この他に19,700円(9,000円の収入印紙と10,700円の振込)が必要です。

自分でなんとかするもの

登記されていな いことの証明書 (原本)

ちかくの法務局に取りに行くか、東京法務局へ郵送請求

ちなみに、郵便物って雨で濡れた重さも計量されるらしいので切符は多めにはる事をお勧めします。雨の日は注意しましょう。晴れてからの申請でも間に合いうくらいの余裕を持って準備するくらいがいいとおもいます。不備あってやり直しだとまた時間もかかりますしね。

身分証明書 (原本)

本籍がある役所へ取りに行くか、郵送請求

戸籍の謄本若し くは抄本又は住 民票の写し (原本)

お住いの近くの役所や出張所でゲットできます

支援士試験等の 合格証書のコ ピー又は合格証明書の原本

なくしている場合には、IPAから取り寄せられたとおもいます。

IPAのサイトからダウンロードして記入するもの

このページから一式DLできます。

  • 登録申請書
  • 現状調査票
  • 誓約書
  • 登録事項等届出書
  • 登録申請チェックリスト

維持について

3年で14万円です。オンライン講習3回と集合講習が1回あります。

オンライン講習

1年に1回  20,000円/回

好きな時に好きなとこで?海外からアクセス可能かはしらない。

集合講習

3年に1回 80,000円/回

全国主要8都市
東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、高松、福岡の開催を予定

まとめ

2018年8月19日消印有効で過去試験合格者も申請できる。

申請書類を整えるためには郵送請求前提で2週間以上みた方が良い。

全てはIPAののサイトに書いてある

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク