MacOSでCordovaのAndroid開発環境導入

MacにCordovaのAndroidアプリ開発環境を構築他のでまとめます。

スポンサーリンク

Cordova

node,npmが必要です。

詳しくは以下の記事を参照ください。

スマフォアプリをつくってみたいと思い、色々検索していたところCordovaはhtml/css/javascriptだけの開発でなんかうまいことブラウザとAndroidとiOSとへうまく展開してくれるらしい。そこでさっそく、Cordovaの環境をMacに構築してみた。

JAVA

JDK8が必要です。

詳しくは以下を参照ください。

MacにCordovaの開発環境を構築しようとしていて、Java8をbrewで入れようとしたらエラーが出ました。どうしたものかと検索していたところ、複数バージョンを簡単にできるモノがどうやらあるようです。世の中素晴らしいですね!

インストールが完了したら、パスを通します。ついでにログインシェルにも入れときます。以下の例はzshです。bashのかたは.zshrcを.bash_profileに変更ください。

echo 'export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v "1.8"`' >> ~/.zshrc
echo 'export PATH=${JAVA_HOME}/bin:${PATH}' >> ~/.zshrc

Gradle

homebrewをつかって簡単に入れることができました。

brew install gradle

Android SDK

スタンドアロンAndroid SDKもあるらしいです。

が、いろいろ考えるのが面倒くさいかたはAndroidStudioをインストールしましょう。僕はそうしました。インストール後SDKManagerを開いてターゲットのAndroid SDK platformをインストールしましょう。Android8.0とかですね。

Android Studio等でSKDを導入したら、パスを通します。ついでにログインシェルにも入れておきます。以下の例はzshです。bashのかたは.zshrcを.bash_profileに変更ください。

なお、ユーザ名は各自変更ください。

echo 'export ANDROID_HOME=/Users/ユーザ名/Library/Android/sdk' >> ~/.zshrc
echo 'export PATH=${PATH}:${ANDROID_HOME}/platform-tools:${ANDROID_HOME}/tools' >> ~/.zshrc

初めてのAndroidアプリ on Cordova

プロジェクト作成

適当なディレクトリに移動して以下のコマンドを実行ください。

cordova create androidApp

プラットフォーム追加

android用プラットフォームをプロジェクトに追加します。

cd androidApp
cordova platform android

アプリ起動

まず、Android端末をUSBデバッグモードで繋いでください。

USBデバッグモード有効は開発者メニューからいけたとおもいます。

開発者メニューを解禁するには、設定の端末情報のbuildnumberを7回タップとかそんな感じ。

cordova run android

これでAndroid端末にてアプリが起動しました。

あとは自由に自分の作りたいものを作ってみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク