英語の勉強を飽きないように続ける工夫

こんにちは、副菜マスターになりたいテリーです。

勉強をしていると定期的に飽きますよね。でも続けたい。そんなときどうやって飽きを回避していますか?今回は僕の回避方法を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ勉強するのかを考える

なぜ勉強が必要ですか?始めた理由を思い出してみましょう。あの時の熱量がよみがえるかも。

キッパリやめる。も選択肢の一つですよ。本当に必要なことってなんでしょう。

それでも続けたい方は続きをどうぞ。

一旦やめてみる

続けたいのにやめるって矛盾していると思われるかもしれませんが、永遠にやめるとはいってません。期限を決めてその期間は一切の勉強をやらずに、他の好きな事だけ全力でやる期間をつくって見てはいかがでしょうか?

集中できないなかダラダラと勉強を毎日1時間1ヶ月続けるよりは、リフレッシュしてやる気をげてからから毎日集中して2時間を2,3週間続けた方が効率的じゃないでしょうか?

ただやめる期限を決めたらそれを厳守するようにしてください、僕は他のことが楽しすぎて平気で2ヶ月くらいサボりました。こういうリスクもあるという事を頭に入れたうえで、計画的にいったん英語の勉強から離れましょう。そして戻ってきてください。僕のようにならない事を祈ります。

好きな事で勉強する

英語の勉強といえばTOEICとか英検とかですよね。僕の場合はTOEICでした。最初はまあまあ飽きずに続けられるんです。というのも、スコアがそこそこ上がって行くからですね。ただある程度のところで、点数が上がらなくなってくる。そうするとまあ飽きてくるんです。なんでダメなんだろうって考えたりして、飽きるというかやる気がなくなりますよね。

そもそも架空のお店のセール情報を読んでも何もワクワクしないしあたりまえですよね。人々が交差点を渡っているとか写真の説明されても、僕が生きて行くうえではマジでどうでもいい情報なわけです。なのでTOEICの勉強をいったんやめています。その代わりに好きな題材で勉強するようにしています。

たとえばITエンジニアなら英語を勉強するには最高の環境なんです。大体のテクノロジーは英語圏から生まれてきます。プログラムとかソフトのドキュメントはほぼ英語で完備されています。なので、最近僕は以下のものを使って英語の勉強をしています。

※TOEICのスコアが絶対だという方へ

TOEIC関連の教材を使ってトレーニングするのがベストだと思うので気合いで頑張ってください。その場合スピーキング欄で紹介しているブログでの対策がオススメです。

リーディング

リーディングとしてはRailsチュートリアルを英語版で進めています。英文に読むのもなれるしRailsの勉強もできるし一石二鳥です。時間を効率的に使えてるような気がしてやる気が出ます。他にもチャットボットが部内ではやってきたので、Mattermostとhubotをインストールしてみたりしました。マニュアルはもちろん英語です。

あとは、何か検索するときにあえて英語で検索して見るとかもいいですね。

TOEICの謎のセール情報や謎の本のレビュー記事よりはるかにモチベーション高く取り組めるのでオススメします。

リスニング

Udemyという(動画で講義を配信している)サイトを使って情報セキュリティに関するコースを受講しています。あえて英語のコースを購入してみました。なかなか辛い部分もありますが、字幕もあり、興味がある分野でかつ事前にある程度のインプットがあるのでなんとかやっていけてます。ほんとにギリギリですが・・・。

Udemyというサイトにはいろんなジャンルの講義があるので一度ご覧になってはいかがでしょうか。もちろんIT以外もあります。頻繁にセールしてるのでもしセール期間外ならセールを待ってから購入するのをオススメしておきます。

スピーキング

TOEICには関係ないですけど、参考までに書いておきます。

僕が英語を勉強するときに参考にしているサイト(ツウさんのブログ)あがるのですが、そこではスピーキングには瞬間英作文が効果的であると記載されていました。また、おすすめの参考書としては「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という本があげられていました。もちろん僕もそれを買って実際にトレーニングしていました。

ただ僕にとっては、なかなか心を込めにくい一般的な文なんです。※めちゃくちゃ売れているので本のせいではなくて僕の感性の問題ですよ!

そこで、僕は「ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30」という本で練習しています。 たとえば、「コードをきれいにするのに少し時間をください」とかめちゃくちゃシチュエーションが想像しやすいんです。しかも実際に使いそうなのでやる気も出ます。もともとは瞬間英作文向けの本ではないと思いますけどオススメです。

そのうえ、主要単語30個であらゆる会話に対応できる!という思想も含まれているので、TOEICとかいったん置いておいてとりあえず喋れるようになりたいという場合にもオススメです。

先人に学ぶ

ブログとかツイッターとかを覗けば同じような状況を経験して乗り越えてきた人がたくさんいると思います。なのでGoogleで検索していろんなストーリーを探しましょう。飽きが迫ってくる危機的状況をどうやって退け、いまを手に入れたのか。きっと参考になるものがあるはずです。

僕も立ち止まりそうな時はいろんな人のストーリーを見て自分を奮い立たせています。まあ、それが面白すぎて1日中ネットサーフィンしてしまうこともあるんですけど、皆さんはそうならないように気をつけてだくさいね。

まとめ

なぜ必要なのか、モチベーションの源泉を確認する

いったんやめてしばらく他の好きなことに全力で取り組む

スコアとかを気にするのをやめて好きなことで英語を学ぶ

他の人のアイデアを参考にする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク